渋谷美容外科クリニックの医療痩身外来モニター

2019/09/26

公式サイトからモニターを検索モニター募集が見つかりました。
キャンペーンがあります。
更新時間:0秒前 渋谷美容外科クリニック

  1. えっ!?私の遺伝子って太りやすい??
  2. 医療痩身外来ではこんなことが分かります
  3. 肥満遺伝は30パーセント?

えっ!?私の遺伝子って太りやすい??

気になる部分だけ、部分痩せしたい!
専門家に教えてもらいながらリバウンドしにくいダイエットをしたい!

そんな時には、渋谷美容外科クリニックの「医療痩身外来」がおすすめです。
しかも、なんと今ならモニター実施中!!(最新の情報は公式サイトでご確認ください)

医療痩身外来は脂肪吸引のような即効性はないとはいえ、脂肪吸引よりもお安くしかも専門家に教えてもらいながら痩せていくことができる人気メニューです。
さらに、自己流ダイエットではなかなか痩せにくい「部分痩せ」も効果が期待できます。

夏の薄着になる季節に向けて・結婚式などの大事なイベントのために・・
など、目標となる理想の体型にむけて今から始めるのが大切なのです。

文献等の出典 注意点
肥満の要因と遺伝子の関係については現在も研究中が継続して行われています。
そのため、今後も新しい研究成果が発見される可能性があり、現時点での情報は限定的ですべてが明確になったわけではありません。

医療痩身外来ではこんなことが分かります

医療痩身外来は、通常のエステサロンとは違うアプローチを行います。

渋谷美容外科クリニックの場合は、まず自分がどのような体質なのかを見極めることから始まります。
遺伝子検査を行い、自分がどんな遺伝子を持っていてどんな太り方なのかを知ることができます。

主な遺伝子と太りやすさには以下のような例があります。

「ムチムチ」な「洋ナシ型」
遺伝子:UPC1
体型:お尻や太ももに脂肪が付きやすい。特に下半身が太りやすい洋ナシ型体型。
特徴:女性に多く見られる洋ナシ型。基礎代謝が低いので脂肪が付きやすい。「皮下脂肪」が付くために太る。

「ポッコリ」な「リンゴ型」
遺伝子:β3AR
体型:おへそのあたりがぽっこりとなる太り方。洋ナシ型よりも基礎代謝が低い。
特徴:男性に多く糖分で太る。腕や背中・アゴなどにも脂肪がつく。「内臓脂肪」がついて太るタイプ。

「プヨプヨ」な「バナナ型」
遺伝子:β2AR
体型:手足が細く長い。筋肉が付きにくい。
特徴:太りにくいが、太ったときに痩せにくい。筋肉が少ないので脂肪が燃えにくいため。



文献等の出典 論文
UCP1・β3AR・β2ARの各遺伝子機能と脂肪燃焼の関係については、Obesity Gene Map Database に記載されている遺伝子論文・関係論文を科学的根拠として参照しています。
Obesity Gene Map Database(英語)
このように、自分がどのようなタイプかが分かる遺伝子検査をまず行います。
それに合わせてダイエット法を決めていくのです。

自分の遺伝子型に合わないダイエット法を続けても、効果はあまり期待できないかもしれません。
そして途中で挫折する・・という経験は誰にでもありますよね。

そのようなことが無いよう、医療痩身外来では理論的なダイエットができるのです!

肥満遺伝は30パーセント?

肥満の原因として、生活習慣が70パーセントを占めており、残りの30パーセントは持って生まれた遺伝や体質だということが分かってきています。
30パーセントもの大きな割合を占める部分が、自分では変えたいと思っても変えられない部分になっているわけです。

ですから、その遺伝の特徴に合わせたダイエットをすることが成功の秘訣になるのです!

そして、一度痩せたならリバウンドしないダイエット・部分的なダイエットなども可能になってくるのです。

渋谷美容外科クリニックでは、今なら遺伝子検査も付いたの体験プログラムを実施中です。
この機会に自分の遺伝子の型を知り、美容外科でしかできない痩身メニューを体験してみませんか?

自分に合ったダイエットってこれだったんだ!という納得のダイエット法をお試しください。

自分の遺伝子がどんな型かを知れる!
遺伝子に合わせたダイエットが分かる!
まずは体験プログラムで。